スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
アナフィラキシー??
2号は大学の屋上でミツバチを飼っています。
プチ養蜂家気どりです。
地元の商店街の方とか近隣住民の方と活動している
ようです。
せっかく大学の施設を提供してるのに学生の参加は
ほぼ2号だけ。。。らしいです。
ま。。。毎週毎週日曜日の朝9時から蜂のお世話に大学行く
物好きな学生もいないか。。。


おととい蜂のお世話から帰ってきた2号。
「今日また蜂に刺されたぁ~。2回目だよ。。。」
(たしか6月頃に刺されて、2,3日少し腫れた。)そして、
「寒い。寒い。」と言いながらお風呂に入り
「なんか食べすぎたなぁ。ムカムカするぅ。」
私は「たいして食べてないのにおかしいな。。。」と思い
額に触ってみると熱っぽい。
体温38度。「風邪っぽいの??」と聞いても喉は痛くないし
咳も出ないと。
ただとにかく蜂に刺された右手薬指から肩にかけて
だるくてしょうがないと。


とにかく患部を冷やして、寒気のする体は温めて寝かせる。
翌朝、熱は下がったものの患部が痛くて痛くて
寝てられなかったとか。。。
皮膚科を受診したところ、たとえ蜜蜂でも
蜂毒の抗体が少ない体質だとこういう状況になるそうで。。。
先生には「1本、1万三千円の生ワクチンを持ち歩いて
刺されたら自分で注射するか、もう蜂には近づかないか
どっちかにしなさい。」と言われて「近づきません」
と宣言してきた2号。
「蜂さんの活動やめるの?」と聞くと
「蜂に近づかなくても出来る仕事はたくさんあるから。」
とあくまでも「プチ養蜂家」は楽しいらしい。

CAO9EKDQ.jpg
こんなに赤くパンパンに腫れあがって。。。
昨夜はシャンプーもドライヤーも母がかり。
ペン持てないのに学校いったけど。大丈夫かな。
スポンサーサイト
【2010/11/09 14:17 】 | 女子達の観察日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。