スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
お勉強
行って参りました。俳句のお勉強会。
俳句を始めて早や3ヶ月。俳句の難しさと奥の深さに
もうヘロヘロです。


句会はまず3句作って短冊に書いていきます。
会場に着いたら「席題」といってその場で季語を指定され
15分ほどでその季語を入れた俳句を作ります。あらかじめ
作っていった3句を入れて
1人4句を短冊に書いたら無記名のまま披講し合い
ます。だいたい17~8名の人が出席してます。(60、70、80歳代が大半です)
最後に先生が1句づつ丁寧に披講とかこうした方がいいとか
言って下さいます。


今回の席題は「初御空」「はつみそら」
季語は春夏秋冬とオマケに「新年」というワクがあって
「初御空」は新年の季語です。「元旦の空」天を崇めた言葉
だそうです。
たった15分で1句ひねり出す時の私の脳みそは皺の1本でも
増えてればいいけど。。。おそらくカニ味噌みたいな脳が
トロトロしてるだけなんだと思われ。。。


四苦八苦の15分後、出来た俳句
「娘に着せし 蝶々結び 初御空」
今年のお正月2号に着せた着物姿を詠んでみたんですけどね。
まぁ~たいした俳句じゃあないですね。


細く長く地道にやってみようかと思っている牛犬でした。
スポンサーサイト
【2007/01/13 20:21 】 | 牛犬の日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。