スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
生物実験室
高校1年の2号の個人面談に行って来ました。
担任の先生はまだ30歳そこそこの若い女の先生。教科担当は理科です。
生徒たちが授業中で、先生の空いている時間に面談ということで
面談の教室が「生物実験室」となりました。。。ワタクシ
ちょっとウキウキ。
って、別に2号の出来がいいからウキウキしているのでは
なくて、「生物実験室」ってなんかドキドキウキウキの私。


案の定、あるわあるわ。「ホルマリン漬け」「人体模型」
「ウニやヒトデの標本」「人体骨格標本」。。。
2号の話はチャッチャッと済ませ、後の持ち時間はすべて
「生物実験室」の見学会となりました。
「お母さん、こういうの大丈夫なんですかぁ?」
「はい。割と平気ですよ。」
「空いてる部屋がここしかなくて申し訳ないなぁと思ってたんですよ。」
「いやぁ~。この教室で良かったですよ。貴重な物見られるし。」
「子供たちはキモイとか言って授業以外では入ってこないんですけどねぇ。」


カエルさんやお魚を解剖したホルマリン漬けはもちろん
牛の目玉とか普段気にも留めないイカの内臓なんかも
じっくり見てきました。
学生の頃は大嫌いだった理科もこういう機会に覗いてみると
案外楽しかったりするのよね。
で。。。今後の2号の方針は????
スポンサーサイト
【2006/10/27 18:54 】 | 牛犬の日記 | コメント(4) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。