スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
頑張りました。
牛犬家の長男ギャップ。
イングリッシュスプリンガースパニエル14歳と7日。
2010年12月24日虹の橋を渡りました。

最期まで本当によく頑張ってくれました。
ペットクリニックの院長先生、スタッフの
方々、とっても良くしていただきました。
辛い決断だったけれど、これで良かったと
心から思っています。
感謝の気持ちでいっぱいです。


今日、ギャップは骨になって帰ってきました。
おっきいワンコの14歳は良く頑張ったねと
施設の方が褒めてくれたよ。
患部の頭蓋骨は茶色っぽくて。。。
病んでるところは白い綺麗な骨にならないんですって。
2号と私は小さいしっぽの骨を一つずつお守りに
持とうと思います。
短くてもプリプリと揺れる可愛いしっぽ。
どんな時も決して下がらなかった勇敢なしっぽ。


1号に「おかえりなさい」と一緒に出迎えて
やれないのが唯一心残りだけど、その分ハイビと
姫が熱烈歓迎してくれるでしょう。


愛してるよ。ギャップ。
スポンサーサイト
【2010/12/25 20:19 】 | ワンコたち | コメント(5) | トラックバック(0) | page top↑
ギャップ14歳♪
本日、ギャップが満14歳のお誕生日をむかえました。
が。。。2週間ほど前から「前庭障害」の症状が酷くなってきています。
顔がほぼ90度傾き、その場でクルクル回ってしまいます。
回ってないときはフラフラあっちにぶつかりこっちにぶつかりしながら
歩きまわっています。
ワンコ部屋にいてもどうも外がいいらしく2段の段差を落っこちるように
降りて行きます。


今回、入院はしません。
幸い、食欲だけはあるのでステロイド、ビタミン剤、抗生物質をご飯に
混ぜて服用していますが。。。効果は全くありません。
頑張って長生きしてほしいと思う反面、ギャップは今幸せかな?
なんて思ってしまいます。
目も耳もおそらく90%は機能してません。
どうか痛い、苦しい思いはしないでほしいと切に願っています。



おっきいワンコの介護は体力勝負。
せいぜいぎっくり腰にならないように母ちゃんも頑張らないとね。
【2010/12/17 18:41 】 | ワンコたち | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
ギャップ

最近のギャップです。
ほんとに良く寝ます。イビキかいてる時も
あります。
お日様が出ている時は庭で。
(フェンスの向こう咲いてるのはブルームーンと
いう薔薇の花。いい香りです。)
CAV6ME0L.jpg
お日様でヌクヌクしたあとは少し体を冷やす
ために裏庭のコンクリートに移動します。
何度かこんな事を繰り返した後。。。
CASMOGJ4.jpg
ワンコ部屋のベットの上で朝までぐっすり。
この間に起きているのは1日2回のご飯の時と
私が庭にいる間にまとわりついてる間ぐらい。
1日少なく見積もっても起きてる時間は2~3時間くらいかな。


時々「あれっ!!!」と思ってしまうくらい寝ている。
良く見るとお腹が上下してて「あぁ~良かったぁ。生きてたぁ。」


まだまだ頑張ってます!!
【2010/12/01 15:16 】 | ワンコたち | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
スカイプ
北京へ語学留学へ旅立ってから早4ヶ月の1号。
1号があちらでこのブログをよんで家の様子が
わかれば。。。と思って細々と更新してたんだけど。
中国って国は本当に情報開示とやらが
良くわからんというか厳しいいうか。。。
(尖閣問題も北京ではニュースもやってないとか。)
まぁ~、そんなこんなの北京ではこのFC2が
見られないんですと。


そこで登場したのが「スカイプ」です。
パソコンのモニターの上についてるカメラで
テレビ電話みたいな機能も発揮できちゃうんですっ!!
まぁ、ちょうど1号もパソコンを起動させてる時
じゃないと使えないんだけどね。
でも、タダよ。タダ。
これさえあったら高い国際電話なんてかける必要
なくなっちゃうね。


てなわけで北京はここのところ零下5℃ですって。
あったかい千葉でも毎年寒い寒いと大騒ぎする
1号がよく冬眠もしないで生きてるなぁと感心。
なぁ~んだ私がやいのやいの言わなくてもひとりで
どうにか生きていけそうだなと確信している今日この頃。
【2010/11/29 16:23 】 | 女子達の観察日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
アナフィラキシー??
2号は大学の屋上でミツバチを飼っています。
プチ養蜂家気どりです。
地元の商店街の方とか近隣住民の方と活動している
ようです。
せっかく大学の施設を提供してるのに学生の参加は
ほぼ2号だけ。。。らしいです。
ま。。。毎週毎週日曜日の朝9時から蜂のお世話に大学行く
物好きな学生もいないか。。。


おととい蜂のお世話から帰ってきた2号。
「今日また蜂に刺されたぁ~。2回目だよ。。。」
(たしか6月頃に刺されて、2,3日少し腫れた。)そして、
「寒い。寒い。」と言いながらお風呂に入り
「なんか食べすぎたなぁ。ムカムカするぅ。」
私は「たいして食べてないのにおかしいな。。。」と思い
額に触ってみると熱っぽい。
体温38度。「風邪っぽいの??」と聞いても喉は痛くないし
咳も出ないと。
ただとにかく蜂に刺された右手薬指から肩にかけて
だるくてしょうがないと。


とにかく患部を冷やして、寒気のする体は温めて寝かせる。
翌朝、熱は下がったものの患部が痛くて痛くて
寝てられなかったとか。。。
皮膚科を受診したところ、たとえ蜜蜂でも
蜂毒の抗体が少ない体質だとこういう状況になるそうで。。。
先生には「1本、1万三千円の生ワクチンを持ち歩いて
刺されたら自分で注射するか、もう蜂には近づかないか
どっちかにしなさい。」と言われて「近づきません」
と宣言してきた2号。
「蜂さんの活動やめるの?」と聞くと
「蜂に近づかなくても出来る仕事はたくさんあるから。」
とあくまでも「プチ養蜂家」は楽しいらしい。

CAO9EKDQ.jpg
こんなに赤くパンパンに腫れあがって。。。
昨夜はシャンプーもドライヤーも母がかり。
ペン持てないのに学校いったけど。大丈夫かな。
【2010/11/09 14:17 】 | 女子達の観察日記 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。